「認知症老人の徘徊対策にGPSサービスを利用しています。」にご訪問ありがとうございます。

このホームページでは、最近痴呆症の症状である徘徊癖や妄想がでてきた祖父の介護に関わる人が体験したことを中心に経験談などを掲載しています。

 

いつのまにか出歩くことがあったり、付き添いをしていても見失うことがあるときに、携帯電話などを使うGPSサービスをセンサーや探知機のような感じで位置を把握していくために活用しています。

 

様子を見る限り、まだ「まだらボケ」のようですが、徘徊問題の軽減のために見守りは大切なことですね。

 

GPSサービスについて

 

実際の使用例

 

痴呆症とおじいちゃんのこと

 

みんなの体験談

 

 

その他