車で探しに行った。

私は、最初、現場から離れた場所で車で休憩していました。

そこに母から連絡があり急遽徘徊しているお爺ちゃんを探しに行くことになりました。

母はGPSサービスを契約しているケータイを持っているのですが、「拡大縮小」の機能が分からないということで、私が「拡大縮小」を行い車で探しに行きました。

おおよその位置なんですが拡大していくと、位置が、だんだんハッキリしてくるというわけです。

「拡大」したら、おおよその道と、祖父の居るだいたいの位置が分かるので、「どちらに進んだらいいのか」というのが分かります。

ボケの症状で徘徊している高齢者の方を車で探しに行くというときに、今度は左に曲がればいいとか右に曲がればいいとか、そういうことが判明するんですね。

緯度経度などの詳細は表示されないです。

車のカーナビみたいに、バッチリ詳しくは表示されないです。

しかし、おおよその方向であったり、だいたいの距離といったことが分かるので、特に夜間とか見通しが効かないときは有効だと考えています。

■徘徊対策として利用できるGPS居場所確認サービスがあります。
→→お年寄りの徘徊にお悩みの方へ【ココセコム】

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

GPSサービスについて

実際の使用例

痴呆症とおじいちゃんのこと

その他

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、 連絡お願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

Copyright (C) 2010 認知症老人の徘徊対策にGPSサービスを利用しています。. All Rights Reserved.