認知症老人の徘徊対策にGPSサービスを利用しています。 TOP > 実際の使用例 >  特に夜間の徘徊にGPSサービスが役立っています。

特に夜間の徘徊にGPSサービスが役立っています。


徘徊するのは夜間が多いともいえるかもしれませんが、見失うのが夜間や夕方の暗い時間帯であるという捉え方が正しい見方だと思います。

昼間も徘徊することはあるけれど、夜のほうが探しにくいです。

そんなときにこそ高齢者徘徊対策のためのGPSサービスが役立つんです。

昼間であれば、何百メーターという距離ぐらいの視界が効きますが、夜になると視界は悪くなります。

照明のないところだと3メートル先も分からないということがあります。

建物の陰とかになってても分からないですよね。

GPSがあれば壁で視界が遮られていたとしても、この壁の向こうに居るんだなっていうことが分かるわけです。

夜間は肉眼での視界が効かない分、GPSで徘徊している人を捜索することが役立つことになります。

■徘徊対策として利用できるGPS居場所確認サービスがあります。
→→お年寄りの徘徊にお悩みの方へ【ココセコム】

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

GPSサービスについて

実際の使用例

痴呆症とおじいちゃんのこと

その他

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、 連絡お願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

Copyright (C) 2010 認知症老人の徘徊対策にGPSサービスを利用しています。. All Rights Reserved.