認知症老人の徘徊対策にGPSサービスを利用しています。 TOP > 実際の使用例 >  一瞬の隙で見失ったときにもGPSが役立つ

一瞬の隙で見失ったときにもGPSが役立つ

GPSサービスを利用しないでも済むようにヘルパーさんに来てもらっているんですが、祖父は、けっこう足が速いんですね。

ですので、ちょっと一分ほど目を離した隙に、どこかに行ってしまって見えなくなってしまいます。

祖父本人は足腰が弱いんですが、車輪付きのシルバーカーというのを利用しているので意外と移動する速度が速いです。
だいたい5キロから8キロぐらいのスピードで、駆けていきます。

ですので、住宅地の路地では、すぐに見失ってしまう可能性が大きいです。

そういうケースでは、携帯でGPSサービスを使って、どこに行ったのか探すと便利です。

ちょっと見失ったときでもGPSで位置を把握していくことで探し出すことができて役立つんですね。

そして、そうしたときに心得ておきたいポイントは、普段からGPSサービスの「拡大・縮小」なり地図の見方なりを、ある程度分かっていたいということです。

肝心なときに、操作方法などの使い方を理解していないと、探す本人もパニックになってしまいますので、普段から、ある程度は使用しておいて操作方法などに慣れておく必要があると思います。

■徘徊対策として利用できるGPS居場所確認サービスがあります。
→→お年寄りの徘徊にお悩みの方へ【ココセコム】

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

GPSサービスについて

実際の使用例

痴呆症とおじいちゃんのこと

その他

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、 連絡お願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

Copyright (C) 2010 認知症老人の徘徊対策にGPSサービスを利用しています。. All Rights Reserved.