痴呆症の高齢者の介護車や周囲の人たちの疲弊

痴呆症の高齢者の介護車や周囲の人たちの疲弊

植木や盆栽をやっているんですが、気に入っていた盆栽が一つなくなったとか、車で訪ねてきた友人が帰るときに、トランクを見せてくれと言ったりなどなど...

 

こうしたことで、周りの人たちは困ってしまうわけです。

 

痴呆の症状が出ているということを理解している人たちであれば、困るようなことを言われても笑顔で対応してくれます。

 

しかし、あんまりにもしつこくされると、痴呆の症状に理解があったとしても、うんざりしてしまうものではないでしょうか。

 

本人は、周りの人たちを困らせようとすることが目的ではないんですね。