徘徊を発見して、すぐに連れ帰ることはしにくいんです。

徘徊を発見して、すぐに連れ帰ることはしにくいんです。

GPS以外での痴呆症対策としては、手伝いに来ている人に、祖父が家を出て、どこかに行くと、後をつけるということをしています。

 

後をつけないで、すぐに家に連れ帰すといいんじゃないかと思われる方もいるかと思いますが、すぐに連れ帰すと、すごく嫌がったり怒ったりするので、ある程度、歩いてもらわないといけないという状態ですね。

 

こんな感じで昼間は、手伝ってくれる方が徘徊の後をつけてくれ、夜はGPSサービスが役立つということです。