まだらボケの状態です。

昼間の時間はヘルパーさんが来ています。

昼間は、ヘルパーさんが身の回りの世話や監視(突然、家を出て行ってしまわないかなど)をしています。

介護保険を使っています。

私の祖父の痴呆症の症状のレベルは、いわゆる「まだらボケ」と言われるような症状です。

はっきりとしているときもありますが、ぼけたり妄想をもったりすると、その状態が3~4時間続きます。

そのために、周りの人(家族など)たちは精神的に困惑します。

その痴呆症の症状によって、周囲の人は疲弊してしまいます。

■徘徊対策として利用できるGPS居場所確認サービスがあります。
→→お年寄りの徘徊にお悩みの方へ【ココセコム】

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

GPSサービスについて

実際の使用例

痴呆症とおじいちゃんのこと

その他

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、 連絡お願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

Copyright (C) 2010 認知症老人の徘徊対策にGPSサービスを利用しています。. All Rights Reserved.